ブログ

青い器具について

院長が手にしている青い器具は何だろう

ホームページトップに写っている青い器具について説明します。

アメリカのドクター ロイ・W・スウエット氏が開発した首(頸椎)を治す器具です。

アトラス オーソゴナル パーカッション アジャストメント インスツルメンツ といいます。

                                    

第1頸椎   水平     打つもの    骨格矯正       器具

 

重要な神経が集中する背骨の1番上の第1頸椎のズレを正すものです。

主に頭蓋骨のズレ、頭のバランスのズレ、首のズレ・・・を正します。

頭をまっすぐに身体の中心軸上に戻し、脳からの神経伝達や身体のバランスを整えます。

器具の先端を添えますが、痛みはなく、わずかな振動があります。

直接、骨や関節のズレを変えるものではありませんが、振動により神経系の

働きが正常化され、筋肉系や臓器系の機能が正常化される作用があります。

骨のズレや関節のゆがみの改善に期待できます。  

健康法   2014年03月13日   admin
タグ:

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
このページの先頭へ戻る